2012.05.09 Wednesday

風月心

  32×44.5

雨乃日珈琲店の作品を掛け替えました。

生活スペースよりも、制作空間を先に整えました。
昨日より書の仕事を再開。海外にも関わらず依頼をしていただけることに感謝しながら、感慨深く筆を走らせました。

日本から何種類か紙を送ったのですが、どうやら遅れているようでなかなか家に届かず、以前こちらの書家さんに教えていただいた書道具街へ買いに行くことに。
いつも使っている中国の紙を発見!これからはこちらで調達しよう。(ちょっぴり価格がお安いというのも嬉しい〜)


2012.05.02 Wednesday

星野道夫のアラスカ



『本田和の語り〜星野道夫のアラスカ』

本田和(語り) × 林口眞也(チェロ)

 【金沢公演】  
  5月17日(木) 
  金沢21世紀美術館シアター21
  19:00開演 
 
 【神戸公演】
  6月24日(日)
  音楽ホール&ギャラリー 里夢SATOM
  14:00開演
  
  入場料2000円(当日2500円)   


ひとり語り、和さんの語りイベントのリーフレット題字を担当させていただきました。
星野道夫さんの本を数冊読み、じっくりと書きました。
お近くの方はぜひ和さんの語りの世界をお楽しみくださいませ。


日々生きているということは、あたりまえのことではなく、
実は奇跡的なことのような気がします。
星野道夫・著『旅をする木』より)



2012.04.29 Sunday

ダヴィッド・ヴァイス氏

私にとって、現代アートをぐっと身近な存在にしてくれたひとりでもあるダヴィッド・ヴァイス氏が旅立たれた。フィッシュリ&ヴァイスの作品集はソウルに持って行きます。合掌。

 

2010年、金沢21世紀美術館で開催されたフィッシュリ&ヴァイス展でのご縁で制作させていただいた印。

2012.04.22 Sunday

らく次さんの手ぬぐい

 

4月21日は廣誓寺、22日はpuddle/socialにて、立川流落語会をたっぷり堪能致しました。
立川志ららさん、立川吉幸さん、立川らく次さん、それぞれに個性的な芸風をお持ちで、聞き比べをするのもこの落語会の魅力のひとつでもあります。

2日間たっぷり笑わせていただきました。落語はやっぱり生で聞くのがいいですね。

ご縁があって、らく次さんの手ぬぐい用に、お名前と寿を揮毫させていただき、この程完成。
嬉しい!



2012.03.16 Friday

公開制作2

  70×135

21美、ピーターマクドナルド展・展示室13にて、再び公開制作の機会をいただきました。

前日に見た、山から雪解け水がどんどこと流れていくダイナミックな景色が忘れられず、揮毫した甲骨文字「山川」です。そのまんまですが。兎に角素晴らしい景色だったのです。何事も、自然には敵いません。

今回は、このプロジェクトで制作した、大きな頭をつけて書きました。画像がないと上手く説明できないのですが…  制作中の動画を見ていただく機会があればいいのですが。



2012.03.08 Thursday

公開制作

   

満月。

金沢21世紀美術館、ピーター・マクドナルド展の展示室13にて、公開制作の機会をいただきました。
4時間集中して(お手洗いは行きました)書き上げました。大好きな篆書体です。

トランス状態に入っても大音量の音楽は脳内で心地よく響き、身体が自然に動きます。
気持ちいい〜

作品は、いつか四曲一双屏風にしたいと思います。
 
    


2012.01.28 Saturday

書の会

    


 月


金沢の茶屋街・主計町の素敵な町家茶房、『嗜季(しき)』にて、書の会を開催いたしました。
旧正月を迎えるにあたり、心に留めている言葉や文字を自由に書く会をと、女将からお話しをいただいたことがきっかけです。
 

席上揮毫した月は、その晩の月に似ていて嬉しくなったのでした。主観。

 

嗜季のお膳ランチがとっても美味しいです。女将の点てるお抹茶も嬉しいお味です。



2012.01.23 Monday

切れ端

上等な墨を磨って、上等な紙に気合を入れて書く。
緊張感の走る作業です。
ですが、手応えがあり、どすーんと自分の心を貫く作品て、なんでもない紙に墨汁で書いた草稿段階で生まれることが多い。どうしてそうなるか、自分でもよくわかっているのだけど…
制作部屋には紙を調節する時に出た切れ端がたくさんあるのですが、これがとっても重要で。
先日生まれた好きな作品も、例によって、鉛筆の線が入った紙に墨汁で書いたもの。どんな形であっても、よい作品が生まれると嬉しいものです。

もっとたくさん生み出さきゃならん、ということで、やっぱり臨書なのです。
金文の臨書は一旦休憩。年始から孫過庭『書譜』に集中。



2012.01.12 Thursday

飛龍乗雲

      3cm×3cm

 飛龍乗雲  (ひりゅうじょううん)  『韓非子』

  飛龍雲に乗る。 
  英雄がその才能をふるう時を得るたとえ。


2012年は壬辰。年女です。
時に乗じて龍が如くの勢いを。


  
       

 「器のたのしみ」
 2011年12月12日〜2012年4月15日 
 金沢市中村記念美術館

2階では、酒器・食器・菓子器の名品70点を展示。
1階では、若手の作家による小品の作品販売しており、岩崎晴彦さんの陶器に私が吉語を揮毫した「あは作品」も展示販売されておりますので、ぜひご高覧くださいませ。
揮毫した作品で、購入したいと思っているものがあり… 最後まで残っていたら買おうかな。 

お抹茶(菓子付)が200円でいただける、館内の喫茶スペースはお勧めです。

 

2012.01.01 Sunday

嘉祥

   
        7.5cm角の印に刻


 嘉祥  めでたいしるし。

 瓦当風に彫った印です。



あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。


除夜の鐘をつきながら、穏やかに新しい年を迎えました。
朝方、氏神様に御参りをし、昼から両親と兄家族で御節をいただき、日本酒を飲みながら昨夜の紅白歌合戦をみました。猪苗代湖ズで今年初泣きです。

年女である今年は、激動の一年になりそうです。

喜びも悲しみも不安も楽しみも、全てさらけ出していきます。



日記

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

search this site.

others