2012.10.14 Sunday

八曲銀屏風七無

 

八曲銀屏風七無

無為  何事もしない 人為を用いない
無我  我欲、私心がない
無可有 何物もない 自然のまま
無尽  尽きることがない
無一物 何もない 何も持っていない
無二  ふたつとない
無丘  人と人、国と国には丘がない


oterartに出品した作品。
これらほとんどの文句の境地にはまだまだ行けませんが、そうありたいとの思いを込めて。

集中、緊張、集中、緊張…。制作中は別世界に行った。「別世界」ではなく、「あるべきよう」の世界だったのでしょうか。あれこれと考えながら、この度も結局臨書が重要であることにたどり着く。


無丘 という言葉は、雨乃日珈琲店の常連さんに教えていただき、いつか書きたいと思っていた。日本では馴染みはないけれど、韓国ではよく知られている熟語のよう。

今回、私の骨董師匠(勝手に呼ばせていただいている…)であるもりたさんが、この度の銀屏風と同じ江戸末期の信楽の大壺を、屏風に合わせてしつらえて下さいました。深く感謝いたします。






今年の春、屏風と出会った日の写真。私のところに来てくれてありがと〜


2012.10.06 Saturday

oterart 2012 @金沢

 

一昨年、昨年に続き、今年もoterartに参加いたします。
http://oterart.exblog.jp/16819094/

江戸末の古い銀屏風と出会いました。酸化し黒くなっていたり、継ぎがしてあったり、なんともいえない雰囲気を醸し出しています。時間がぎゅっと沁みこんだ美しい屏風。そのままでも美しいのですが、どすんと書かせていただきました。

はぁ、緊張した…

あまりの緊張に書き終えた後、頭痛や脱力感に襲われ、身体がぐらんぐらんに…今も若干こんにゃく状態。あの線質が…とか、あの文字の位置が…とか、よく見ると反省点もあるのですが、これが今の私です。
10月6日と7日はお寺におります。展示は14日まで続きますが、8日にソウルに戻ります。会場に私がいなくても、屏風になった分身が話してくれると思うので、ぜひ会いにいらしてください。


oterart

10月6日(土)−10月14日(日) 12:00−18:00

会場  廣誓寺 崇禅寺 聞善寺 (金沢市瓢箪町界隈)


今回の金沢は、この屏風に集中していたので、友人になかなか会えず。帰国の連絡すらできなかった友、ごめんなさい〜 (作品に会いに行ってみて〜)



2012.09.20 Thursday

噺家さんの印

 

噺家さんの印が完成した。立川流の兄さん達は、談大さんの印がいちばんいいと言ってくれた。私もそう思う。談大さん、あちゃらでばんばん使ってくださいね〜!




秋の空を眺めながら、二年前の今頃はお店の開店準備に走り回っていたことを思い出す。
忙しかったけど、思い出すこと全てがしあわせな出来事。

11月に雨乃日珈琲店は二周年。
イベントの準備を始めています。ライブをしていただく日本のミュージシャンも決定。パンクな感じで節目を迎えられそうです。

その前に、展示に参加させていただくため、来週から少しの間帰国します。緊張しています。


2012.08.12 Sunday

篆刻体験教室

 

ソウルでは三回目となる、篆刻体験教室を雨乃日珈琲店で開催いたしました。
記録写真の中で、シュールな一枚がありました。座敷わらし先生といった感じです。


2012.07.19 Thursday

昨日雨 今日晴

  
                                    二三味カフェに展示してある作品 


毎年恒例となりつつある、ニコフとの奥能登の旅。
今年は珠洲の鉢ヶ崎海水浴場へ。人がほとんどいない、貸しきり状態の遠浅の海。去年と同じように、ニコフはゴーグルをつけてぐいぐいと泳いでいる。私はスヌーピーの浮き輪でぷかぷか浮いているだけ。

二三味珈琲の焙煎所へ。真ん前に海が広がる舟小屋で、焙煎士の葉子さんが待ってくれていた。海を眺めながら葉子さんの淹れてくれた珈琲をいただく。なんて贅沢な時間。雨乃日珈琲店でお客様に豆のことを聞かれた時に、このすばらしい景色をお伝えしたいのだけど、私の拙い表現ではちょっと難しい。大きな海、舟小屋、潮風、珈琲の香り、緑、青、蒼、碧、葉子さん。




珠洲市中心部の二三味カフェにもおじゃまする。
 
 

 空(くう)



2012.07.17 Tuesday

友人から墓石に刻む文字のご依頼を受け、ソウルで書いていた。 いろんな書体でご提案をさせていただいたのだけど、選んでくれた隷書は、自分が書ける書体で、今いちばんしっくりと身体に馴染んでいる気がするので嬉しかった。友人はいつも私の心を見透かしているので、何も隠せないし、安心して私も身体を寄りかからせてもらっている。




2012.07.10 Tuesday

書の授業

   

金沢大学にて、留学生を中心に書の授業をさせていただきました。漢字の成り立ちや古典の話、そして実技。書を身近な芸術として感じていただけたなら嬉しいです。

なのでしばし帰国中〜


2012.06.09 Saturday

翠玉樹之青葱々 

 

翠玉樹之青葱々 (すいぎょくじゅのせいそうそうたり)

  

仙人の世界にあるという不可思議な樹木である汚れなく緑の玉樹が、青々と生い茂る


出国前に表具に出した作品が出来上がったとの連絡を、作品のお嫁入り先のさえちゃんから、画像が送られてきた。お庭に咲き乱れているというドクダミの花が飾られた素敵なお床に掛けてくれている。ありがとう、さえちゃん。帰国したら見に行きます。

今日は、ソウルに来て初めて取り掛かった篆刻作品を日本へ送った。毎日すこぶる楽しくも、慌しくて、身体も精神も落ち着かなかったのだけど、ひとつの作品にぐっと集中したことで、「ああ、そうだった」と、ふーっと楽になった。来週初めにはお手元に届く。気に入っていただけるといい。

家にはテレビもラジオもない。音楽を聴く何かもないので、無音で制作をしている。日本にいる時はラジオが主で、たまに好きな音楽をかけたりしていた。それが心地よくて制作がはかどっていたのだと思っていたけど、無音の中での制作も悪くない気がしてきた。

今私が置かれている環境には必要なものしかなく、以前と比べると随分と「削がれた」中で暮らしている。絶対にないとだめだと思っていたものも、なかったらないで全然問題はなく、ものもことも、日本では足り過ぎていたことを実感している。シンプルには気づかされることがたくさんある。

夜、雨乃日珈琲店に立った際、お客さんにお気に入りのスカートとエプロンを褒めていただいた。嬉しい。調子にのって毎日履いてしまいそう。服をあまり持ってこなかったことだし…


 


2012.05.09 Wednesday

風月心

  32×44.5

雨乃日珈琲店の作品を掛け替えました。

生活スペースよりも、制作空間を先に整えました。
昨日より書の仕事を再開。海外にも関わらず依頼をしていただけることに感謝しながら、感慨深く筆を走らせました。

日本から何種類か紙を送ったのですが、どうやら遅れているようでなかなか家に届かず、以前こちらの書家さんに教えていただいた書道具街へ買いに行くことに。
いつも使っている中国の紙を発見!これからはこちらで調達しよう。(ちょっぴり価格がお安いというのも嬉しい〜)


2012.05.02 Wednesday

星野道夫のアラスカ



『本田和の語り〜星野道夫のアラスカ』

本田和(語り) × 林口眞也(チェロ)

 【金沢公演】  
  5月17日(木) 
  金沢21世紀美術館シアター21
  19:00開演 
 
 【神戸公演】
  6月24日(日)
  音楽ホール&ギャラリー 里夢SATOM
  14:00開演
  
  入場料2000円(当日2500円)   


ひとり語り、和さんの語りイベントのリーフレット題字を担当させていただきました。
星野道夫さんの本を数冊読み、じっくりと書きました。
お近くの方はぜひ和さんの語りの世界をお楽しみくださいませ。


日々生きているということは、あたりまえのことではなく、
実は奇跡的なことのような気がします。
星野道夫・著『旅をする木』より)




日記

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

search this site.

others