2017.05.16 Tuesday

イラン

 

早起きをして食堂車へ。

車窓を楽しみながら、クリームチーズと蜂蜜とナン、そしてチャイでイラン定番の朝食。

 

夕べも話しかけてくれた方々。朝も気さく。

 

タブリーズの駅に到着。

 

まずは宿探し。駅からタクシーで向かったのは、バックパッカーがよく利用するという'Guest House Daria'へ。ちょうどシャワー付きの個室が空いていたのでこちらで決定。タブリーズに来た最大の目的である中東最大最古のバザールも徒歩圏内。チェックインしていると上の階からヒジャブを被らず、麦わら帽子を手に持った中華系の女性が降りてきて、ゲストハウスの主人に注意をされていた。ちゃんと守らないとね。

 

荷物を置いて向かったのは旅行会社。夜行列車で一緒だったイラン人女性が連れてってくれたのでスムーズに到着したけれど、私たちだけでは辿り着くのは困難だっただろうなという場所にあった。女性のお陰で明朝のエスファハーン行の航空券を無事に確保。ほんとに皆さん親切。

 

こちらがバザール。世界遺産でもあるここは、1000年以上も歴史があり、かのマルコ・ポーロも訪れたとか。絨毯、香辛料、お茶、お菓子、日用品、工芸品等々…なんと店の数は7000にもなるとか。とにかく巨大。

 

 

 

 

 

 

 

広い広いバザールには所々にチャイ屋さんも。

 

歩き回ってお腹もすいてきたので、バザールの観光案内所に情報を求めて行ってみると、これまたとてもとても親切な所長さんが、バザール内のお店まで案内してくださった。

 

薄暗い階段の先に広がる地下の食堂。

縦長の器に入っているじゃがいもや豆、トマトなどは先端が平たくなっている金棒で潰して食べ、スープは別の器に入れてそこにナンを投入。これがとっても美味しかった!ケバブに飽きていたので尚更。後で調べると”アーブ・グーシュト”という家庭料理ということがわかった。

写真を見ると味が蘇ってくる…また食べたい。

 

 

バザールを出て散策途中で飲んだ謎のドリンク。街でよく見かけたので試しに飲んでみた。ぬるくて甘い、ほんのり爽やかな黄色の粒粒が入ったドリンク。なんだろう、粒粒が何なのか全くわからない。そしてそんなに美味しくなくて全部飲むことができなかった。これも後で調べると、”ハーケシール”という涼を呼ぶ夏の定番ドリンクと判明。粒粒は花の中の種だそう。

 

 

 

 

 

 

夕食は選択肢なく少々飽き気味のケバブ。

'Guest House Daria'の旅ノートには、過去に宿泊した日本人の方が残してくれた情報がぎっしり。国境をスムーズに超える方法だとか、〇〇は危険だから行かない方がいいとか、よい宿の情報とか。女子同士の楽しそうな旅路から、緊迫した内容まで、まるで短編モノも読んでいるようだった。そしてS氏も先人に続いて旅のことを記していた。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

日記

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

search this site.

others