2017.05.15 Monday

イラン


ホテルの窓からの眺め。

朝食はバイキングで、初見のお料理を全て食べてみたけどどれも美味しい。主食はナンで、イランの特産品でもあるクリームチーズと蜂蜜がついてくる。

 

 

この日の夜に乗車予定のタブリーズ行き寝台列車の切符を買いにテヘラン駅へ。あまりにも暑いので、駅前のお店で人参ジュースを飲む。イランにはコンビニエンスストアが存在しないので、小さな「なんでも商店」のようなお店がいたるところにあって、中にちょっとしたイートイン席もあり、人々の集いの場にもなっている。

 

 

 

切符を買った後、ゴレスターン宮殿へ。

 

 

18世紀末から20世紀初頭にかけてのカジャール朝の宮殿だったというゴレスターン宮殿は外壁のモザイクタイルがとても美しい。

しかし!建物内部に入ると得体の知れない恐怖感に襲われてしまった…こういうことがたまにある。豪華絢爛で見事な内部なのですが…

 

宮殿の一角、階段をわずかに降りたところに広がっていた喫茶空間で、粘度の高い真っ黄色のサフランアイスと紅茶で一服。

 

 

 

 

ゴレスターン宮殿のすぐそばにあるバザール。

 

タブリーズ行きの夜行列車に乗るために再びテヘラン駅へ。

 

19時過ぎに発車。外はまだ明るい。

 

4人部屋を予約。鏡の部分を倒すと上段ベッドが出現。イラン人老夫婦と同室になったため、自動的に私たちが上段を使うことに。廊下のカーペットもペルシア絨毯。

 

カステラとオレンジジュースが配られた。

 

車窓に戦車の群れ。

 

お腹が満たされないので食堂車でケバブセットを食べた。カトラリーの下にあるのはナプキンではなくナン。

 

目が合えば、いや目が合わなくても近寄って声をかけてくれるイランの方々。この寝台車でも何人の方に声を掛けられたことか。日本語の上手な方もいた。

同室の老夫婦も積極的に話しかけてくれてたけれど、アラビア語かフランス語。英語でわからないと伝えたけれどそれが伝わらないみたいで、ずっと何かを話し続けていた。私たちが持っていたガイドブックを見ながらだったので、多分イランのいいところを紹介してくれていたのだと思う。リンゴもいただいた。

 

夜中にお手洗いに行くことになっても人に会うかもしれないため、ヒジャブは枕元に置いて23時頃就寝。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

日記

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

search this site.

others