2016.12.21 Wednesday

ドリアンについて

二年前、シンガポールにいる友達に会いに行った際、彼女に勧められて初めて食べたドリアン。その時はさほど感動はなかったものの、日本のテレビで「臭い果物」とだけイメージを植え付けられてしまっていたためか、なんだ普通に美味しい果物なんだなという印象。そして今年の5月に訪れたバンコクで再びドリアンを食べた時に、その美味しさにノックアウト。とても好きな味だと確信した。

 

韓国に帰って東南アジア系の方々が多く暮らすエリアでドリアンを探すも状態が悪そうだったり、百貨店で売られているものは高額だったりと、なかなか買うまでには至らず。

 

Yahooで「ドリアン」と検索すると、なんと故郷の近江町市場の青果店が丁寧にドリアンの説明ページを設けていらっしゃたので、帰国した際に訪ねてみるも、扱っておらず…。パフェでも有名なフルーツのむ〇はたさんに聞いてみるも、「ドリアン?ないですね。」とのお答え…。

 

食べたい気持ちは募るばかり。

そんな時、私が住む弘大(ホンデ)の一駅隣の合井(ハプチョン)に「ムサンキング」というドリアン専門のカフェがあるという情報が耳に入った。ムサンキングとは最も美味しいと言われている「猫山王」というドリアンの種類。(しばらく「ムサキング」と間違えて言ってた私)名前が名前だけに期待が高まる!興奮気味に早速向かった。

 

店の扉を開けると、久しぶりのあの匂い。あー、これです、これです。

手始めに、ドリアンシェイク、ドリアンミルクレープ、ドリアンなんとか(画像手前、まるっとした黄色の物体)を頼んでみた。

 

 

が、残念。あの素晴らしい味からはかけ離れたものだった。予想はついていたけれども…。

他にメニューは、ドリアンティラミス、ドリアンロールケーキ、ドリアンレモンゼリー(全く想像できない)、ドリアンショートケーキなどなど。

 

お店側もドリアンだけで勝負は難しいとお考えなのか、半分は一般的なカフェメニューだったけど、ドリアンが苦手な方があの匂いの中でコーヒータイムとはちょっと考えにくい。

 

そんなこんなで、今日は久しぶりに雨乃日の定休日をちゃんとした休日に充てた。筆も持っていない。

ここ最近の韓国は抹茶ブームで、店の抹茶ガトーショコラが飛ぶように出る。ありがたいけれど製造が追いつかない日も度々で、肩がパンパンに腫れてしまい、韓医院の鍼灸師さんに治療をしてもらった。

「運動もしないとだめですね。アラームを30分毎にかけて、この運動をしてください。」と方法を伝授されるも、30分毎は厳しい…。すでに10時間もし忘れている。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

日記

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

search this site.

others