2012.10.14 Sunday

八曲銀屏風七無

 

八曲銀屏風七無

無為  何事もしない 人為を用いない
無我  我欲、私心がない
無可有 何物もない 自然のまま
無尽  尽きることがない
無一物 何もない 何も持っていない
無二  ふたつとない
無丘  人と人、国と国には丘がない


oterartに出品した作品。
これらほとんどの文句の境地にはまだまだ行けませんが、そうありたいとの思いを込めて。

集中、緊張、集中、緊張…。制作中は別世界に行った。「別世界」ではなく、「あるべきよう」の世界だったのでしょうか。あれこれと考えながら、この度も結局臨書が重要であることにたどり着く。


無丘 という言葉は、雨乃日珈琲店の常連さんに教えていただき、いつか書きたいと思っていた。日本では馴染みはないけれど、韓国ではよく知られている熟語のよう。

今回、私の骨董師匠(勝手に呼ばせていただいている…)であるもりたさんが、この度の銀屏風と同じ江戸末期の信楽の大壺を、屏風に合わせてしつらえて下さいました。深く感謝いたします。






今年の春、屏風と出会った日の写真。私のところに来てくれてありがと〜


関連する記事
コメント
アップありがとうございます。
ダイナミズム、生々しさを実物大で感じたい。
  • 東京人
  • 2012/10/17 12:09 AM
私観に行けなくて観たかったのでうれしいです
きょう妙子さんの刺繍クラブに行って『すばらしかった』ってききました
そして夜はのぼるでラーメン食べた時のぼるさんに聞いたら『浮いてました』っていうの・・・・
抜きん出てよかったとほめてるんだろうけど
なんども『亜沙子さんの浮いてました』っていうのがおもしろかった
大きな迫力のある作品ですね!
東京人さん
ぜひぜひ、いつか実物に会っていただきたいです。

うきこさん
うきこさんにもぜひ生で見ていただきたいです。この先もずっと、大切にしていきたい作品です。
  • asako
  • 2012/10/18 1:08 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

日記

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

search this site.

others