2012.10.11 Thursday

釜山

oterartは、初日と二日目だけ会場にいて、8日にはソウルに戻ってきた。
会場で見に来てくださったお客さんの反応も気になるところではあるけれど、作品が完成し、展示までいったなら、次に向かわなければという気持ちになる。作品は私の分身なので、見に来てくださった方とちゃんと話をしてくれると思う。

制作を終えてふにゃふにゃとした身体を少ししゃっきりとするべく(テンションは高めなんだけど)、釜山国際映画際へ行ってきた。「かぞくのくに」、「希望の国」、「くじらのまち」を観たのだけど、園子温監督の映画「希望の国」がいちばんぐっときた。ところで、みんなタイトルが似てますね。

 

駅にいた軍人さん。このブーツがほしいなぁといつも思う。

海沿いの釜山は大都会だった。繁華街も盛り上がっているし、市場も活気がある。お刺身もソウルで食べるよりもずっと美味しい。散々釜山を楽しんでなんだけど、やはり私は山女。海沿いの町はたまに行くぐらいがいいなと思った。
だからまた行きたいのだけど。




関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

日記

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

search this site.

others