2012.07.17 Tuesday

友人から墓石に刻む文字のご依頼を受け、ソウルで書いていた。 いろんな書体でご提案をさせていただいたのだけど、選んでくれた隷書は、自分が書ける書体で、今いちばんしっくりと身体に馴染んでいる気がするので嬉しかった。友人はいつも私の心を見透かしているので、何も隠せないし、安心して私も身体を寄りかからせてもらっている。




関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

日記

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

search this site.

others