2017.01.31 Tuesday

抹茶

おかしい、おかしい…

書の活動の傍ら運営している雨乃日珈琲店ですが、ここ最近、お客さんが突然増えた。オープン前に扉の前で待っていらっしゃたり、満席の場合は並んで待っていらしたり。お問い合わせのお電話もよくかかる。一体、何があったの…

気になって調べたところ、原因がわかりました。

 

 

美味しいお店を探すアプリで、1月30日現在、弘大(ホンデ)エリアの中で1位になってました。うそー。

韓国は空前の抹茶ブームなんですが、当店の抹茶ケーキが支持されている模様。ありがたいことですが、本当に当店の抹茶ケーキで大丈夫でしょうか…。もちろん、試行錯誤を重ね、たどり着いた自信作ではありますが、5年も前から定番メニューとしてあるものがここへきていきなりという戸惑い。スマホの情報や流行による恩恵を受けているとはいえ、当然一過性のものだと思っているので、ここは冷静になってくぐり抜けたいと思っています。しかし、連日氷点下のこの寒い中、来てくださるお客さんにはただただ感謝です。

 

がしかししかし、常連さんが遠慮していらっしゃってないような気がするので、申し訳ない気持ちでいっぱい。

今後のことを危惧しながら、ネットの情報の威力をブルブルと感じているこの頃です。

 


2016.01.03 Sunday

丙申正月

あけましておめでとうございます。

書初めは行書で「無事」にしました。臨書初めは年末の続きで王鐸。
柔軟な連綿が鍛えられますように。

1月1日発売の韓国版BIG ISSUEに、4ページにわたって雨乃日珈琲店をご紹介いただきました。加えて、私たちそれぞれの活動のことも少し書いてくださいました。
 
表紙はなんと、ローマ法王。去年ご来韓し、ローマ法王フィーバーが韓国中で巻き起こったのは記憶に新しいところ。
 

存在感があります。
 

 
目次のページでローマ法王と並んでいるのが個人的にはツボ。新年早々、法王にお尻を向けてますが大丈夫でしょうか。(ソファに座っているおじ様ではなくその隣がS​氏)
 
今年もよろしくお願いします。
 

2015.12.31 Thursday

乙未師走

2015年は雨乃日珈琲店での展示から始まり、書道教室再開、京都での個展、二階堂和美さんをお呼びしての雨乃日珈琲店の5周年イベントなど、ダダダダーッと駆け抜けた一年でした。精神的にしんどい時期もあったのですが、家族や友人の支え、そして広い大陸の空気のお陰で立ち直れた気がします。総じて充実した忘れられない一年となりました!

​11月12日に、雨乃日が5周年を迎えられたのは本当に感慨深いものがありました。始めたころは「異国でいつまでできるだろうか…」などと考えていたけれど、気づけば6年目に突入。お客さまも年々増え、特に週末は身体がへとへとな状態になりますが、韓国に来なければ出会えなかった方々との刺激的な出会い、刺激的な出来事のお陰で元気100倍、ありがたい日々です。


 
​2010年、物件決まった〜!の写真。この鍵から全てが始まりました。(手は夫)
6年目も、どんな出会いが待ち受けているのか今からとても楽しみです。
 
11月に、YOUR MIND​から夫の本が出版されたことも嬉しかったことのひとつです。
出版社兼本屋のYOUR MINDは、自主制作本を専門としていて、韓国の作家による写真集やアングラな雑誌が揃っていてる人気のお店(猫ちゃんも3匹いる!)。エレベーターのないビルの5階にも関わらず、いつも賑わっています。雨乃日珈琲店から徒歩3分ぐらいのところですよ。
 

漢字の連綿を鍛えたくて最近は王鐸の臨書に集中。今年の書き納めも王鐸でした。
 
2016年、世界中が幸多き1年となりますように。良いお年を。
 

2015.04.16 Thursday

LA

韓国に来てからするようになった「海外に住む友達に会いに行く」をテーマとした旅。台湾、シンガポール&マレーシアと経て、三回目の今回はLAへ。
友達が住んでいなかったら行く機会がなかったであろうアメリカ。初のアジア脱出ですが、時間があまりないので、なんと三泊四日の弾丸で。

とにかく広い広いLA。車で案内してもらった。

 


lemonade」atウェストハリウッド 美味しくて衝撃を受ける。




 
北米最大のコリアタウンを車でぐるぐると回る。タウンというよりシティという印象。34万人もの韓国人が住んでいるとのこと。



「Amoeba music」at ハリウッド 
全米最大規模の巨大なレコードショップ。 Matt&Kim(この日初めて聴いたのだけど)のインストアライブを観ている我々がこの中に…


LAからバスで一時間とちょっと、サンタモニカへ。

 


ファーマーズマーケットが立っていました。


サンタモニカビーチの傍にある公園でピクニックをする青年。
盗撮みたいになってしまいました。


サンタモニカビーチ。山派の私は、この景色を眺めながら海岸の向こうに見える山の中の風景を想像…

  
海に面した遊園地と、友達が行ってみたかったという近くのイタリアンデリ。どれもこれも美味しかった。


引っ越ししたての友人が住んでいた家に荷物を取りに行くというので一緒に行くと、なんとも素敵な浴室が!100年程経ったスペイン様式のお家で、その時代に流行っていたのだとか。クリーム色主体のキッチンも、映画のセットのようにかわいらしい造りだった。四日間お世話になった新居も、日本や韓国の住宅スケールとは違いびっくりしたのだけど…

思い出すのはスーパーのこと。日々、商品の成分表示をギラギラと見て買い物するようになってしまっている私は、オーガニックフード中心のスーパーが点在するLAがとても羨ましく、連れて行ってもらったWhole Foods MarketやTrader Joe'sあれやこれやと食品を購入。買い出し買い出し。

行ったことがない場所はどこでも面白い。憧れの地はあるけれど、時間があればどこでも行けるだけ行きたい。旅を終えていつも思うこと。


飛行機の中で観た映画
『セッション』スパルタドラム教師の恐怖たるやトラウマレベル
『グランド・ブタペスト・ホテル』可愛い
『6才のボクが、大人になるまで。』染み染みとよかった

 

2015.01.03 Saturday

乙未正月

明けましておめでとうございます。

12月は二週間ほど金沢へ。自動車免許の更新や買い出しをする中、酒ラベルのご依頼が続き実家にこもって筆を走らせ、集中力が切れると久々のテレビをぼやっと観たり。個展の打ち合わせのため、日帰りで京都も行ってきました。
用事を済ませる為の一時帰国は、あっという間に時間が過ぎてしまう…。

ソウルに戻りいつも行く美容院へ。元々短いスタイルだけどもう少しマッシュスタイルにしたくて、「前下がりボブで、後ろは短く。刈り上げてもいいです。」と伝えなければいけなかったのに、「今より短く。後ろは刈り上げてもいいです。」と略し過ぎたため、気づいたらモンチッチのようなスタイルになってしまいました。 伸びるのを待とう。

 

 
おせち材料の買出しは京東市場。ポンチャックサウンドが響き渡っています。

ソウルで迎える三度目のお正月は、去年よりも気合を入れておせちの準備。日本から大切に抱えて持ってきた、春慶塗りの丸重箱の蓋が道中で割れてしまった悲しみを乗り越え、お煮しめ、紅白なます、錦卵、田作り、栗きんとん、黒豆、海老の具足煮、鶏の焼き物、酢蓮根、叩きごぼうなどをこしらえました。食べるタイミングでたまたまやって来た韓国人の友人たちに声をかけ、ミニ新年会。皆おせちとお雑煮を大変喜んでくれて、時間をかけて作ってよかったなぁ…としみじみ。

2日は、韓国でいちばん好きな場所、長漢坪骨董商街へ行き、仲良しの骨董屋のおじいちゃんに新年のご挨拶。でも本当の目的は、雨乃日珈琲店での個展を観ていただくために拉致(!)をしに来たのでした。
「ぜひ作品を観てほしいのですが、今から一緒にお店に行きませんか」と伝えると二つ返事でOK!早速二人でタクシーに乗ってお店に向かいました。書家でもあるおじいちゃんに作品を批評してもらえるなんて、それだけでありがたいのだけど、今回の展示で一際思い入れのある作品について、「よく書かけている。こんな風に自由に生きれるといいですね。」と言ってくれて、胸が熱くなったのでした。2015年、嬉しい始まりです。

書初めは王羲之・十七帖。

 
富山・林ショップからお嫁入りの羊。
 

2014.11.19 Wednesday

潭陽(タミャン)

三年ぶりに全羅南道(チョルラナムド)にある、竹の産地・潭陽(タミャン)を訪れました。今回はスローシティと呼ばれる三支川村の韓屋に宿泊。







空気が澄んでいて気持ちがよく、ここぞとばかりに深呼吸をたっぷりと。



以前も訪れた食堂へ。韓定食はやっぱりここがいちばん美味しい…

 

心ときめく竹工芸品と扇子職人さん。
 

2014.11.04 Tuesday

生活

臨書と制作がバランスよく進められているこの頃。
今年前半はそれがなかなかうまくいかず、付随して他のことも疎かになってた。韓国語の宿題も全然提出できないし、疲れていると勘違いしてご飯の支度も投げ出したり。(もちろん、S氏もよくご飯を作ってくれる!)

最近は、宿題はなんとか提出できているし、制作後の食事の支度は熱量高くこなせている。書にうまく集中できれば、他のこともうまくいくことを実感。逆も然り。
ああ、生きる活動…!
このままこの調子でいこう。頭の中は作品のこと、お店でやりたいこと、世界の行ったことのない場所のことで頭がいっぱい。




雨乃日珈琲店のケーキももりもりと焼いています。画像は今秋ヒットの無花果のアーモンドケーキ!
 

2014.09.30 Tuesday

近所と、HP更新



近所の建物二階部分。キムチや味噌、醤油を保存するオンギ(甕)と奥の階段に緊張感が走ります。

HPを更新してもらい、それに伴いデザインも少しリニューアル。デザイナーさん、ありがとうございます!
TOPの諸々の画像は、生活のそばにあるものです。
こちらのブログのみにアップしている作品も少しだけあります。
※酒ラベル掲載は割愛いたしております。

冬にホンデで、来年の春は京都で個展を予定しています。気合い、気合い…
 

2014.09.28 Sunday

語学

せっせと活動をする毎日。
なんとか週一回韓国語教室に通っているのですが、韓国に来て二年半にもなるのに、レベルは初級の上、中級に片足を入れているぐらい。聞き取りはできても、会話能力はまだまだです。まだまだ…
教室は、ソウル市が運営している無料のところ。市内に数か所あって、以前は中心部の教室に通い、いろんな国の方と出会えたのですが(実家はスフィンクスの近くです、という方とか)、今は中国人居住者が多い街の教室に通っているので、当然中国系のばかり。というか、約20名ほどいる生徒の中で私以外はみんなそう。それはそれで面白い。
市が運営しているこの教室、申請時は混雑するのですが、無料なだけあって、飽きたら辞め、めんどくさくなったら辞め、ついていけなくなったら辞め…と、どんどん人が減っていく。今の教室も、最近は6名ぐらいしか来ない。なんてことでしょう…。
人数が少ないほうが先生にあてられる回数が増え、たくさん勉強ができるので私はありがたいのだけど。
1ターム3カ月なので、今の教室が終わったら次は別のエリアにしようかと考え中。美味しいパン屋さんがあると聞いたので、フランス人街にある教室が今のところ候補。

 

2014.09.24 Wednesday

映画『椅子になる方法』



最初で最後であろう、映画出演。
「第6回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」で、韓国競争部門9作品のうちのひとつに選出された、ソン・ギョンハ監督によるドキュメンタリー映画『椅子になる方法(How to Become a chair,2014)』に、雨乃日珈琲店の様子や私たち夫婦のインタビューが登場しました。
いきなり、私たちが粛々とお店の掃除をし開店準備をしているところから始まったのですが、もう恥ずかしくて恥ずかしくて、身体を背もたれに力いっぱい押し付けて、歯をぎりぎりしながら観ていました。どアップで自分が映れば、アンチエイジングケアをしなければと思ったり、インタビューを聞けば声のトーンがちょっと低いんじゃなかろうかと気になったり…(自意識過剰にも程がある!私バカ!!)
そんなこんなですが、作品の中にお店の様子や動く私たちが残るのはとても嬉しく、大変貴重な経験をさせてもらいました。

エンドロールで、ハングル表記の名前は合っていたのですが、英語表記が ”ASAICO”になっていました。が、ちょっと気に入っています。あさいこ。


映画祭終了後、作品がこの部門の最優秀賞に選ばれたとの連絡が!ギョンハ監督、おめでとうございます!
 


日記

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

search this site.

others