2017.05.18 Thursday

イラン

  

 ソウルの江南地区に「テヘラン路」というストリートがあるけれど、テヘランにも「ソウルストリート」が存在する。Wikipediaによれば、1970年代、テヘラン市長がソウルを訪問した際、友好の印とするためソウルとテヘランの地名を冠した通りを1つずつ作ることになった。とのころ。これは見に行かねばと(完全にS氏の趣味)タクシーでソウルストリートを通ってみたところ、これといって特徴のない、ただの長い長い道だった。

折り返したところで渋滞にはまり、途中でタクシーを降りることに。

 

 

陸橋から渋滞と、次に向かう「ミ―ラードタワー」望む。韓国でタワー本を出版しているS氏。もちろんこちらも彼の趣味です。

 

テヘランのシンボルでもあるこのタワーは世界で6番目の高さとのこと。内部には飲食店などのショップも沢山あり、ショッピングセンターっぽい部分も。

 

タワーの説明を聞いてからじゃないと展望室には上がれない仕組みだけど、何を言ってるのかわからないので聞いてるフリを。

 

 

こちらがその展望室からの眺め。少し霞んでいるけど、美しい山並みと整った街。飛行機の中から見た、あのどこまでも続くようなベージュ色の乾燥地帯に、この大都市が形成されたんだよね…と、しばし立ち尽くす。

 

 

タワーを後に、旧アメリカ大使館へ。

 

 

 

 

 

その後は旧アメリカ大使館から徒歩約10分、テヘランアーティストフォーラムへ。

展示や映画の上映、デザインショップや本屋等、イランの新しい文化触れることができるスポット。

本屋の店員さんがとても親切で、好きなジャンルを伝えるとその中からおすすめの本を紹介してくれた。なんとイランには古くから書道芸術が存在している。いわゆるペルシアンカリグラフィーで、関連本を資料として数冊、そして友だちのお土産用に、イランの映画監督であり写真家でもある、アッバス・キアロスタミ氏の写真集も購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

アーティストフォーラム近くの「ラタ・カフェ」。壁には世界の文人の写真。ここのカフェラテがとっても美味しかった。当たり前だけど、イランにはスタバやコーヒービーンのようなアメリカ資本のコーヒーチェーン店が存在しない。昔ながらのチャイハーネや、こういったカフェがちょこちょこと点在している。

 

カフェを出てホテルに戻る途中、偶然にも骨董通りを発見!なんだ、ホテルの近くだったのね。

 

 

 

この日の夜の便でソウルに戻るため、ホテル前からタクシーに乗ってエマーム・ホメイニー国際空港へ。途中、運転手さんが大音量でコーランを流し始めた。夕刻過ぎのお祈りの時間と重なったようだ。スピードを上げて走るタクシーとコーラン、二つが重なった音と振動がずっと身体に残っている。

 

 


2017.05.17 Wednesday

イラン

11時発、エスファハーン行きの飛行機に乗るためにタクシーでタブリーズ国際空港へ。ダッシュボードの「Neko」と書かれたティッシュが気になる。

ほんとに親切で人懐っこいイランの方々。空港でも何人にも声を掛けられたり、写真をお願いされたり。私が一人でベンチに腰掛けていたら、20代ぐらいの若い女の子がちょこんと横に座ってきて、話したそうに私をチラチラと見ていらっしゃる。「Hello〜」と声をかけると「l ove you...」と恥ずかしそにおっしゃった。ええ〜〜!今会ったのに!?って思ったけど、会えて嬉しい思いを精一杯伝えてくださったのかなと思ったらとっても嬉しかった。もちろん、me too…!

 

 

イランの航空会社、マハンエアー。羽を下から見るって初めて。

 

一時間ほどでエスファハーンに到着。エスファハーンはペルシア文化の繁栄を極めた街で、それがギュッと凝縮された「エマーム広場」は”世界の半分”と称されたほど。ということでタクシーで真っ先にエマーム広場にへ。

 

 

美しすぎて絶句。泣きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、この男の子たちにお茶にしませんかと声を掛けられた。ご一緒したかったけど生憎時間がなかったなかったでお断りすると、「そこをなんとか!お願いします!どうしても一緒に行きたいんです!20分だけ!」と言われたけど、本当に時間がなくてごめんなさいと伝え、「行けないけど写真撮らせて〜」と都合よく撮った一枚。この男の子だけではなく、このエマーム広場でも何人にも声を掛けられ、知らない人と一緒に撮った写真が何枚かある。ほんとに人懐っこいたらないよ!(嬉しい!)

エスファハーンはイラン最大の観光地のため、5組ほどアジア人を見かけたけれど、それでもやはり少なく、とにかく珍しいよう。そしてなぜか中国人より日本人のほうがお好きなご様子。あるご老人に声を掛けられた時、日本人だと伝えると「おしんはよかったよ!」と言われ、この国でおしんが大ヒットしたという話を思い出した。日本に友好的な背景には、おしんの影響力が少なからずあるかもしれない。

 


エマーム広場には、陶器や銅物の職人街の他、お茶やお菓子、名産のピスタチオの他、キリムや骨董のお店等々とにかくいろんなものが揃っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

エスファハーンには泊まらず高速バスでテヘランに戻る。バスターミナルもバスもきれい。なぜかバスが予定より1時間遅れて出発したけど。(旅感アップ)

 

 

 

高速道路の休憩所で、サフランアイスを買った。イラン一日目に続いて二度目のサフランアイス、劇的に美味しいわけではないけれど、今この機会を逃すとこの先の人生で食べることはなさそう、という理由で再び食べた。

 

テヘランに到着してタクシーでホテルに向かう途中、何やら騒がしいと思ったら、直前に控えた大統領選に関連した若者の群衆だった。応援している候補者のポスターを止まった車にベタベタと貼っている。すごい…

 


2017.05.16 Tuesday

イラン

 

早起きをして食堂車へ。

車窓を楽しみながら、クリームチーズと蜂蜜とナン、そしてチャイでイラン定番の朝食。

 

夕べも話しかけてくれた方々。朝も気さく。

 

タブリーズの駅に到着。

 

まずは宿探し。駅からタクシーで向かったのは、バックパッカーがよく利用するという'Guest House Daria'へ。ちょうどシャワー付きの個室が空いていたのでこちらで決定。タブリーズに来た最大の目的である中東最大最古のバザールも徒歩圏内。チェックインしていると上の階からヒジャブを被らず、麦わら帽子を手に持った中華系の女性が降りてきて、ゲストハウスの主人に注意をされていた。ちゃんと守らないとね。

 

荷物を置いて向かったのは旅行会社。夜行列車で一緒だったイラン人女性が連れてってくれたのでスムーズに到着したけれど、私たちだけでは辿り着くのは困難だっただろうなという場所にあった。女性のお陰で明朝のエスファハーン行の航空券を無事に確保。ほんとに皆さん親切。

 

こちらがバザール。世界遺産でもあるここは、1000年以上も歴史があり、かのマルコ・ポーロも訪れたとか。絨毯、香辛料、お茶、お菓子、日用品、工芸品等々…なんと店の数は7000にもなるとか。とにかく巨大。

 

 

 

 

 

 

 

広い広いバザールには所々にチャイ屋さんも。

 

歩き回ってお腹もすいてきたので、バザールの観光案内所に情報を求めて行ってみると、これまたとてもとても親切な所長さんが、バザール内のお店まで案内してくださった。

 

薄暗い階段の先に広がる地下の食堂。

縦長の器に入っているじゃがいもや豆、トマトなどは先端が平たくなっている金棒で潰して食べ、スープは別の器に入れてそこにナンを投入。これがとっても美味しかった!ケバブに飽きていたので尚更。後で調べると”アーブ・グーシュト”という家庭料理ということがわかった。

写真を見ると味が蘇ってくる…また食べたい。

 

 

バザールを出て散策途中で飲んだ謎のドリンク。街でよく見かけたので試しに飲んでみた。ぬるくて甘い、ほんのり爽やかな黄色の粒粒が入ったドリンク。なんだろう、粒粒が何なのか全くわからない。そしてそんなに美味しくなくて全部飲むことができなかった。これも後で調べると、”ハーケシール”という涼を呼ぶ夏の定番ドリンクと判明。粒粒は花の中の種だそう。

 

 

 

 

 

 

夕食は選択肢なく少々飽き気味のケバブ。

'Guest House Daria'の旅ノートには、過去に宿泊した日本人の方が残してくれた情報がぎっしり。国境をスムーズに超える方法だとか、〇〇は危険だから行かない方がいいとか、よい宿の情報とか。女子同士の楽しそうな旅路から、緊迫した内容まで、まるで短編モノも読んでいるようだった。そしてS氏も先人に続いて旅のことを記していた。

 


2017.05.15 Monday

イラン


ホテルの窓からの眺め。

朝食はバイキングで、初見のお料理を全て食べてみたけどどれも美味しい。主食はナンで、イランの特産品でもあるクリームチーズと蜂蜜がついてくる。

 

 

この日の夜に乗車予定のタブリーズ行き寝台列車の切符を買いにテヘラン駅へ。あまりにも暑いので、駅前のお店で人参ジュースを飲む。イランにはコンビニエンスストアが存在しないので、小さな「なんでも商店」のようなお店がいたるところにあって、中にちょっとしたイートイン席もあり、人々の集いの場にもなっている。

 

 

 

切符を買った後、ゴレスターン宮殿へ。

 

 

18世紀末から20世紀初頭にかけてのカジャール朝の宮殿だったというゴレスターン宮殿は外壁のモザイクタイルがとても美しい。

しかし!建物内部に入ると得体の知れない恐怖感に襲われてしまった…こういうことがたまにある。豪華絢爛で見事な内部なのですが…

 

宮殿の一角、階段をわずかに降りたところに広がっていた喫茶空間で、粘度の高い真っ黄色のサフランアイスと紅茶で一服。

 

 

 

 

ゴレスターン宮殿のすぐそばにあるバザール。

 

タブリーズ行きの夜行列車に乗るために再びテヘラン駅へ。

 

19時過ぎに発車。外はまだ明るい。

 

4人部屋を予約。鏡の部分を倒すと上段ベッドが出現。イラン人老夫婦と同室になったため、自動的に私たちが上段を使うことに。廊下のカーペットもペルシア絨毯。

 

カステラとオレンジジュースが配られた。

 

車窓に戦車の群れ。

 

お腹が満たされないので食堂車でケバブセットを食べた。カトラリーの下にあるのはナプキンではなくナン。

 

目が合えば、いや目が合わなくても近寄って声をかけてくれるイランの方々。この寝台車でも何人の方に声を掛けられたことか。日本語の上手な方もいた。

同室の老夫婦も積極的に話しかけてくれてたけれど、アラビア語かフランス語。英語でわからないと伝えたけれどそれが伝わらないみたいで、ずっと何かを話し続けていた。私たちが持っていたガイドブックを見ながらだったので、多分イランのいいところを紹介してくれていたのだと思う。リンゴもいただいた。

 

夜中にお手洗いに行くことになっても人に会うかもしれないため、ヒジャブは枕元に置いて23時頃就寝。

 


2017.05.14 Sunday

イラン

未知なる国、中東・イラン。『地球の歩き方』は他の国に比べてページ数が格段に少なく、ホテルも大手予約サイトに情報は出てくるものの料金が未掲載で、直接ホテルにメールしなければいけないという仕組。イスラムの国なので女性は肌の露出は厳禁、ヒジャブも被らなければいけない。これまで訪れた国とはちょっと違うイランに行ってきました。

 

利用したのはタイ航空。少しお安すかったのは、香港とバンコクを経由するから。お安い上に香港もタイも行けてラッキー!なんて思う私はちょっとおかしいかな…。

 

仁川空港10:20出発。ざっと見て搭乗率30%といったところでしたが、香港で団体客がどっと乗ってきてほぼ100%の状態に。

バンコクのスワンナプーム国際空港に着いたのは夕方で、そこからエアポートラインに乗ってマッカサン駅、MRTに乗り換えてアソーク駅へ。この駅周辺のスクンビットというエリアに今夜の宿がある。ここは去年のタイ旅行でも利用したエリアでアクセスがよく、トランジットで一泊にはちょうどよい。サラディーン駅に移動し、お目当ての食堂に行くも閉店で再びスクンビットへ。

タイといえば私の大好物、ドリアンが名物。道端でも普通のドリアンは売っているけれど、イランを前にお腹の調子が悪くなると困るので、上品に近くの大型ショッピングセンター「ターミナル21」でドリアンの高級種「猫山王」を購入(奮発)。軽く食事をした後、ターミナル21からもほど近い、コリアンタウン内にある日本人経営のバー「ブルースバー」を再訪。上品な店内に、先ほど購入したドリアン臭がプオ〜ン…ごめんなさい!と言いながらも、「全然臭いませんよ〜」と言ってくださるマスターとお客さん…。ほんとかなぁ…。そんなこんなで、二杯目のお酒を飲みながら、私がどれだけドリアンが好きかを熱弁していると、「でもアルコールを摂取したあとは、ほんとにドリアンは控えたほうがいいらしいですよ。」とお隣の方に忠告を受ける。ビールとドリアンは食べ合わせが悪い(亡くなった方もいるとか)ことは知っていたけど、アルコールの全てに注意をしなければいけないのかな。むむ、この後ホテルに戻って食べたいのに、我慢しなければいけないのか…。

お酒に弱い私は、ふらふらになりながら宿に戻り、先ほどの忠告を受け止め朝までドリアンを我慢することに。それにしても、冷蔵庫に入れていても僅かな隙間から香ってくるドリアン臭…!味は大好きだけど、臭いものは臭い。味も臭いも好きではない夫がつらそうな顔をしている。すみませんね。

 

 

起床後、朝ごはんの代わりにドリアンを頬張る私。ああ、これこれ、これです…。

フットマッサージやカオマンガイなど、短時間で意外とタイを満喫した我々は、本旅行に向かうため、昨日降り立ったスワンナプーム国際空港へ。再びタイ航空でいざイランの途へ。今回はさすがにアジア人は少なく、当たり前だけど中東の方の搭乗が目立った。興味深かったのは、イスラム教ははお酒厳禁のはずなのだけど、機内のドリンクサービスで、皆ここぞとばかりにお酒を注文。しかも何度も頼んでガブガブ飲んでいらっしゃる!イランの女性もヒジャブを被らず、それどころかタブーであるはずの肌の見えるダメージジーンズやノースリーブなど着ている!なるほど、厳しいイスラムの戒律は国外では「気にしない」のですね。

 

 

飛行機を降りたらアライバルVISAの取得へ。まずはイランの保険に加入→証書を持ってVISA代金を支払う→VISA発給、この手続き全て窓口が別な上にそれぞれに待ち時間が発生するので、取得までに2時間はかかった。ようやく出国、宿泊のホテルが迎えに来てくれているはずなのだけど、いない。しばらく探したけれど見つからないので自力でタクシーで向かうことに。

 

テヘラン市内中心地にある中堅ホテルが今夜の宿。不愛想なフロントの方と淡々と宿泊のやり取り。迎えの約束はきっと忘れているのだろう。私たちも何も言わなかった。

初めての景色、言語、匂い。飛び込んでくる感覚を受け入れる以外に余裕はなく、小さなトラブルをクリアしながら進んでいくのは旅の醍醐味のひとつ。

 

 

すでに23時を回っていたけれど、お腹が空いたのでホテル周辺で唯一開いていたお店へ。なんのお店かわからずに取り合えず入ってみたけど、メニュー読めず!お客さんがサンドイッチらしきものを食べていたので、同じようなものを頼んでみた。味はまあまあ。ショーケースに並んでいる具材に´羊の脳みそ´を発見。『地球の歩き方』に載ってはいたけれど、こんなにカジュアルお店にも存在するなんて…。食べてみたい気持ちもあったけれど、バケットに挟む勇気はなかった。

アメリカと国交がないため、マックすら存在しないイランには、独自のファーストフードチェーンや個人経営のお店が多い。コンビニもなく、存在するのは小さな商店。閉店は22時ぐらいなので街はあっという間に暗くなる。日本も昔はそうだったよね。少し羨ましくもなった。

ところで、空港から気になってはいたけど、イランの方からの視線が激しい。観光客がもともと少ない上に、アジア人はさらに目立つよう。慣れないヒジャブを被る私と、黒髪ロングヘア―のオット…。凝視、二度見、振り返りの嵐です。

 


2017.01.31 Tuesday

抹茶

おかしい、おかしい…

書の活動の傍ら運営している雨乃日珈琲店ですが、ここ最近、お客さんが突然増えた。オープン前に扉の前で待っていらっしゃたり、満席の場合は並んで待っていらしたり。お問い合わせのお電話もよくかかる。一体、何があったの…

気になって調べたところ、原因がわかりました。

 

 

美味しいお店を探すアプリで、1月30日現在、弘大(ホンデ)エリアの中で1位になってました。うそー。

韓国は空前の抹茶ブームなんですが、当店の抹茶ケーキが支持されている模様。ありがたいことですが、本当に当店の抹茶ケーキで大丈夫でしょうか…。もちろん、試行錯誤を重ね、たどり着いた自信作ではありますが、5年も前から定番メニューとしてあるものがここへきていきなりという戸惑い。スマホの情報や流行による恩恵を受けているとはいえ、当然一過性のものだと思っているので、ここは冷静になってくぐり抜けたいと思っています。しかし、連日氷点下のこの寒い中、来てくださるお客さんにはただただ感謝です。

 

がしかししかし、常連さんが遠慮していらっしゃってないような気がするので、申し訳ない気持ちでいっぱい。

今後のことを危惧しながら、ネットの情報の威力をブルブルと感じているこの頃です。

 


2016.01.03 Sunday

丙申正月

あけましておめでとうございます。

書初めは行書で「無事」にしました。臨書初めは年末の続きで王鐸。
柔軟な連綿が鍛えられますように。

1月1日発売の韓国版BIG ISSUEに、4ページにわたって雨乃日珈琲店をご紹介いただきました。加えて、私たちそれぞれの活動のことも少し書いてくださいました。
 
表紙はなんと、ローマ法王。去年ご来韓し、ローマ法王フィーバーが韓国中で巻き起こったのは記憶に新しいところ。
 

存在感があります。
 

 
目次のページでローマ法王と並んでいるのが個人的にはツボ。新年早々、法王にお尻を向けてますが大丈夫でしょうか。(ソファに座っているおじ様ではなくその隣がS​氏)
 
今年もよろしくお願いします。
 

2015.12.31 Thursday

乙未師走

2015年は雨乃日珈琲店での展示から始まり、書道教室再開、京都での個展、二階堂和美さんをお呼びしての雨乃日珈琲店の5周年イベントなど、ダダダダーッと駆け抜けた一年でした。精神的にしんどい時期もあったのですが、家族や友人の支え、そして広い大陸の空気のお陰で立ち直れた気がします。総じて充実した忘れられない一年となりました!

​11月12日に、雨乃日が5周年を迎えられたのは本当に感慨深いものがありました。始めたころは「異国でいつまでできるだろうか…」などと考えていたけれど、気づけば6年目に突入。お客さまも年々増え、特に週末は身体がへとへとな状態になりますが、韓国に来なければ出会えなかった方々との刺激的な出会い、刺激的な出来事のお陰で元気100倍、ありがたい日々です。


 
​2010年、物件決まった〜!の写真。この鍵から全てが始まりました。(手は夫)
6年目も、どんな出会いが待ち受けているのか今からとても楽しみです。
 
11月に、YOUR MIND​から夫の本が出版されたことも嬉しかったことのひとつです。
出版社兼本屋のYOUR MINDは、自主制作本を専門としていて、韓国の作家による写真集やアングラな雑誌が揃っていてる人気のお店(猫ちゃんも3匹いる!)。エレベーターのないビルの5階にも関わらず、いつも賑わっています。雨乃日珈琲店から徒歩3分ぐらいのところですよ。
 

漢字の連綿を鍛えたくて最近は王鐸の臨書に集中。今年の書き納めも王鐸でした。
 
2016年、世界中が幸多き1年となりますように。良いお年を。
 

2015.04.16 Thursday

LA

韓国に来てからするようになった「海外に住む友達に会いに行く」をテーマとした旅。台湾、シンガポール&マレーシアと経て、三回目の今回はLAへ。
友達が住んでいなかったら行く機会がなかったであろうアメリカ。初のアジア脱出ですが、時間があまりないので、なんと三泊四日の弾丸で。

とにかく広い広いLA。車で案内してもらった。

 


lemonade」atウェストハリウッド 美味しくて衝撃を受ける。




 
北米最大のコリアタウンを車でぐるぐると回る。タウンというよりシティという印象。34万人もの韓国人が住んでいるとのこと。



「Amoeba music」at ハリウッド 
全米最大規模の巨大なレコードショップ。 Matt&Kim(この日初めて聴いたのだけど)のインストアライブを観ている我々がこの中に…


LAからバスで一時間とちょっと、サンタモニカへ。

 


ファーマーズマーケットが立っていました。


サンタモニカビーチの傍にある公園でピクニックをする青年。
盗撮みたいになってしまいました。


サンタモニカビーチ。山派の私は、この景色を眺めながら海岸の向こうに見える山の中の風景を想像…

  
海に面した遊園地と、友達が行ってみたかったという近くのイタリアンデリ。どれもこれも美味しかった。


引っ越ししたての友人が住んでいた家に荷物を取りに行くというので一緒に行くと、なんとも素敵な浴室が!100年程経ったスペイン様式のお家で、その時代に流行っていたのだとか。クリーム色主体のキッチンも、映画のセットのようにかわいらしい造りだった。四日間お世話になった新居も、日本や韓国の住宅スケールとは違いびっくりしたのだけど…

思い出すのはスーパーのこと。日々、商品の成分表示をギラギラと見て買い物するようになってしまっている私は、オーガニックフード中心のスーパーが点在するLAがとても羨ましく、連れて行ってもらったWhole Foods MarketやTrader Joe'sあれやこれやと食品を購入。買い出し買い出し。

行ったことがない場所はどこでも面白い。憧れの地はあるけれど、時間があればどこでも行けるだけ行きたい。旅を終えていつも思うこと。


飛行機の中で観た映画
『セッション』スパルタドラム教師の恐怖たるやトラウマレベル
『グランド・ブタペスト・ホテル』可愛い
『6才のボクが、大人になるまで。』染み染みとよかった

 

2015.01.03 Saturday

乙未正月

明けましておめでとうございます。

12月は二週間ほど金沢へ。自動車免許の更新や買い出しをする中、酒ラベルのご依頼が続き実家にこもって筆を走らせ、集中力が切れると久々のテレビをぼやっと観たり。個展の打ち合わせのため、日帰りで京都も行ってきました。
用事を済ませる為の一時帰国は、あっという間に時間が過ぎてしまう…。

ソウルに戻りいつも行く美容院へ。元々短いスタイルだけどもう少しマッシュスタイルにしたくて、「前下がりボブで、後ろは短く。刈り上げてもいいです。」と伝えなければいけなかったのに、「今より短く。後ろは刈り上げてもいいです。」と略し過ぎたため、気づいたらモンチッチのようなスタイルになってしまいました。 伸びるのを待とう。

 

 
おせち材料の買出しは京東市場。ポンチャックサウンドが響き渡っています。

ソウルで迎える三度目のお正月は、去年よりも気合を入れておせちの準備。日本から大切に抱えて持ってきた、春慶塗りの丸重箱の蓋が道中で割れてしまった悲しみを乗り越え、お煮しめ、紅白なます、錦卵、田作り、栗きんとん、黒豆、海老の具足煮、鶏の焼き物、酢蓮根、叩きごぼうなどをこしらえました。食べるタイミングでたまたまやって来た韓国人の友人たちに声をかけ、ミニ新年会。皆おせちとお雑煮を大変喜んでくれて、時間をかけて作ってよかったなぁ…としみじみ。

2日は、韓国でいちばん好きな場所、長漢坪骨董商街へ行き、仲良しの骨董屋のおじいちゃんに新年のご挨拶。でも本当の目的は、雨乃日珈琲店での個展を観ていただくために拉致(!)をしに来たのでした。
「ぜひ作品を観てほしいのですが、今から一緒にお店に行きませんか」と伝えると二つ返事でOK!早速二人でタクシーに乗ってお店に向かいました。書家でもあるおじいちゃんに作品を批評してもらえるなんて、それだけでありがたいのだけど、今回の展示で一際思い入れのある作品について、「よく書かけている。こんな風に自由に生きれるといいですね。」と言ってくれて、胸が熱くなったのでした。2015年、嬉しい始まりです。

書初めは王羲之・十七帖。

 
富山・林ショップからお嫁入りの羊。
 


日記

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

search this site.

others