2016.12.21 Wednesday

ドリアンについて

二年前、シンガポールにいる友達に会いに行った際、彼女に勧められて初めて食べたドリアン。その時はさほど感動はなかったものの、日本のテレビで「臭い果物」とだけイメージを植え付けられてしまっていたためか、なんだ普通に美味しい果物なんだなという印象。そして今年の5月に訪れたバンコクで再びドリアンを食べた時に、その美味しさにノックアウト。とても好きな味だと確信した。

 

韓国に帰って東南アジア系の方々が多く暮らすエリアでドリアンを探すも状態が悪そうだったり、百貨店で売られているものは高額だったりと、なかなか買うまでには至らず。

 

Yahooで「ドリアン」と検索すると、なんと故郷の近江町市場の青果店が丁寧にドリアンの説明ページを設けていらっしゃたので、帰国した際に訪ねてみるも、扱っておらず…。パフェでも有名なフルーツのむ〇はたさんに聞いてみるも、「ドリアン?ないですね。」とのお答え…。

 

食べたい気持ちは募るばかり。

そんな時、私が住む弘大(ホンデ)の一駅隣の合井(ハプチョン)に「ムサンキング」というドリアン専門のカフェがあるという情報が耳に入った。ムサンキングとは最も美味しいと言われている「猫山王」というドリアンの種類。(しばらく「ムサキング」と間違えて言ってた私)名前が名前だけに期待が高まる!興奮気味に早速向かった。

 

店の扉を開けると、久しぶりのあの匂い。あー、これです、これです。

手始めに、ドリアンシェイク、ドリアンミルクレープ、ドリアンなんとか(画像手前、まるっとした黄色の物体)を頼んでみた。

 

 

が、残念。あの素晴らしい味からはかけ離れたものだった。予想はついていたけれども…。

他にメニューは、ドリアンティラミス、ドリアンロールケーキ、ドリアンレモンゼリー(全く想像できない)、ドリアンショートケーキなどなど。

 

お店側もドリアンだけで勝負は難しいとお考えなのか、半分は一般的なカフェメニューだったけど、ドリアンが苦手な方があの匂いの中でコーヒータイムとはちょっと考えにくい。

 

そんなこんなで、今日は久しぶりに雨乃日の定休日をちゃんとした休日に充てた。筆も持っていない。

ここ最近の韓国は抹茶ブームで、店の抹茶ガトーショコラが飛ぶように出る。ありがたいけれど製造が追いつかない日も度々で、肩がパンパンに腫れてしまい、韓医院の鍼灸師さんに治療をしてもらった。

「運動もしないとだめですね。アラームを30分毎にかけて、この運動をしてください。」と方法を伝授されるも、30分毎は厳しい…。すでに10時間もし忘れている。

 


2015.07.25 Saturday

道具



韓国版NYLON8月号に制作道具を紹介していただきました。(お隣はミュージシャンのオデリ)
臨書時に欠かせない座布団は、祖父母の形見。芹沢げ雹瓮妊競ぅ鵑里發里世韻鼻△じいちゃんが選んだものなんじゃないかなと思う。
 

2015.05.19 Tuesday

トマトと糠



南大門市場(花、荒物など)、中部市場(海藻類、乾きもの)、芳山市場(製菓材料)、望遠市場(野菜、果物)の4市場をはしごしたら荷物が重すぎて、泣く泣く大好きなトマトを諦めたのだけど、雨乃日の隣の日本風カレー屋「なや」さんからなんともプリプリパツパツの太陽のにおいがする美味しそうなトマトをいただきました。海のそばの畑で育てられ、海水の塩分の影響で甘みが強いとのことで、食べてみるとまるで果物のように甘いとっても美味しいトマトだった。
元より韓国ではトマトはフルーツの括りで、スーパーでは果物コーナーに並んでいて、朝鮮トマトや棗トマトなど、種類も豊富。

中学1年の英語の授業で「I like 〇○○.」を発表しなければいけない時に、とっさに「I like tomato.」と答えた私に対して、なぜか教室中が爆笑の渦で(未だになぜ笑われたのか全くわからない)、以来トマト好きをネタにされバカにされたりして少々トラウマになっていたのだけど、いい大人なのでもう何も怖いものはありません。
「トマトが大好きです!」


またとある日。
日本の糠漬けが食べたいなぁ…と思っていたところ、ソウルに住む日本人の(数少ない)友達から、糠をたっぷりもらいました。
彼女はソウルで味噌作りや糠床作りのワークショップを開催している発酵先生なのだけど、糠の念が届いたのか、農家さんからもらった糠をたっぷり分けてくれたのでした。ありがたい…
糠漬けの習慣がない韓国では、農家さんは捨てるだけとのこと。



願えば叶う5月のようです。

 

2014.10.08 Wednesday

古の喜




 

2013.03.30 Saturday

ほんの少しで

 

雨乃日珈琲店で使っているお皿。主にプリン(美味しい)に使っているのですが、最後の一口をスプーンですくい易いように、作家の岩崎さんと相談をして、縁が少し立ち上がったものを昨年の秋ぐらいに作っていただきました。土と釉薬はそのままで。
ほんの少しのことなのですが、最後のひとすくいにストレスを感じることがなくなりました。

最近は木簡の臨書を進めています。素朴で無造作な木簡の書。シンプルたるやなんと美しいことでしょう・・・ それにしてもなんだか半紙にうまく書けない。そこで、半切を縦三分の一に切った細長い紙を木簡に見立てて書いてみると、雰囲気を掴む事ができ、文字のスタイルもよく見え、ぐっと書きやすくなった。ほんの少しのことなのだね〜


S氏の友人が、長年住んだ台湾を離れ日本に帰るというので、彼に会いに急遽ミドルトリップ。日本ではなく台湾で会いたくて。旅行記もそのうちアップできたら‥(画像だけの可能性大)


2012.10.15 Monday

『VOGUE GIRL』10月号



雨乃日珈琲店のインテリアと好きな骨董について、韓国版『VOGUE GIRL』さんから取材を受けたのですが、10月号に掲載してもらっています。書の姓ではなく、結婚後の姓での掲載は新鮮です。
テキストには、大好きな骨董の町、ソウルの踏十里で購入した小さな壺の紹介と、私が韓国の陶磁器が好きな理由などがちらりと載っています。少し解釈が違っていますが…。お店の二周年を前によい記念になりました。




ソウルは朝晩の冷え込みが日に日に厳しくなっており、我が家でも先週からオンドル(床暖房)のスイッチをON。温かい上に、墨の乾きが早くなるのもオンドルのありがたいところです。


2012.05.26 Saturday

古いポジャギ

 

ソウルでいちばんときめく街、踏十里で出会った、古い美しいポジャギ(韓国パッチワーク)。白だけで構成された手縫いのもの。オマケに真鍮の古いスッカラ(スプーン)をつけてくださった。嬉しい。


2010.05.25 Tuesday

最近の嬉しいモノ

 

篆刻仲間のお一人から、アンティークのデルフト陶器で作ったピアスをいただきました。元々はネックレスのパーツだったのではないかというお話です。
100年以上も昔、どんな風に使われていたのだろうかと考えるのもアンティークの魅力のひとつです。
ジーンズに合わせたり、何でもないシンプルなワンピースに合わせたり… 時代も国も変わりやってきたデルフトに、この夏はずいぶん楽しませてもらえそうです。





こちらはみゆきさんからいただいたメキシコお土産。
キリストがモチーフのブレスレットです。
ぜひTシャツに合わせたい!




 
縁起物の白だるまは、るみちゃんからの東京お土産。
存在感あります!
このままでも魅力的なだるまさんですが、お願いごとが叶ったら目を書き入れたらよいのかな。
上手く書けるかなぁ!


みなさんステキなお品をありがとうございます!




2010.02.02 Tuesday

古本


東京から金沢へ越して来られたオヨヨ書林さんで古本を購入。
「良寛遺墨集」と、「手紙1」「手紙2」。

店内に素敵な音楽が流れていたので、店主にお聞きしたところ、
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団という大阪のバンドのよう。すごく好きな感じ!!

古本と音楽と。お得感たっぷり。


                           良寛さんの遺墨集が300円だった!




2009.11.10 Tuesday

hana tama



發気鵑虜遒襦△花の刺繍の丸い玉。
「花たま」

お花のデザインも、色あわせも、すっごく魅力的!
手のひらサイズでとってもかわいい花たまです。
私はかばんにつけて楽しんでいます。

そんな發気鵑僚藐津犬、明後日から東京で開催されます。

お近くの方はぜひ足を運んでみて〜!


「 眞了 花たま展 」
日時:2009年11月12日(木)〜17(火)/ 12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
場所:shop and gallery 「tray」 東京都渋谷区代々木 4-20-4
作家在廊予定日 / 12日(木)、13日(金)、14(土)





日記

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

search this site.

others