2017.04.20 Thursday

雑誌『中くらいの友だち 韓くに手帖』創刊

 

韓国を語らい・味わい・楽しむ『中くらいの友だち 韓くに手帖』が創刊されました。

執筆は、在韓日本人、在日韓国人、韓国に関わる面々で、文化を真ん中に語らう新しい雑誌です。

 

 

以下、発起人の作家・伊東順子さんの創刊の言葉です。

...............................................................................................

『中くらいの友だち』へ

今から二十年ほど前、ソウルで暮らす日本人と在日韓国人で『ソウルの友』というミニコミ誌を出していたことがあります。『ソウルの友』とは、ソウルの友だちであり、ソウルで出会った友だちという意味。今回はさらに踏み込んで、『中くらいの友だち』としました。
「中くらい?」
そうなんです、最高でも最低でもなく、中くらい。時にはとてもカッコイイこともあるが、こいつダメかも……という情けない面もある。でも、長く付き合えば、まあそこそこ良い奴だよね――この雑誌は、そんな韓国のお友だち本です。

創刊を思い立った理由はいくつかあります。
1 まずは、日本では政治やイデオロギー、あるいはスキャンダルで扱われることの多い韓国ですが、そこから少し離れて、文化を真ん中にして語り合いたい。
2 また、ネットの世界からしばし暇をいただき、丁寧に物事を考えるために、紙の本がほしい。
3 売らんがためではなく、自由に書けるメディアがほしい。ならば、自分たちで作ってしまおう。
  
本書は「同人誌」の形でスタートしました。特定のテーマを決めて分業するのではなく、それぞれが自分の原稿を持ち寄り、一冊の本にまとめました。 執筆者は在韓日本人、在日韓国人をはじめ、家族や仕事の関係などで長く韓国と付き合ってきた面々です。秘めやかなる個人的な楽しみ、心を震わすような感動、あるいは人生観を変えるほどの衝撃体験まで、とても個性ある本ができたと思っています。
 
韓国を楽しみ、味わい、語り合う。対立を砕いて共感のかけらを集めましょう。驚きと笑いを肥やしに、中ぐらいを極めます。世界中が対立的になっていく中、私たちは友だちを大切にしたいと思っています。
                                     『中くらいの友だち』同人                                                                                                        

.................................................................................................

 

グッとくる創刊の言葉、何度も何度も読み返しています。

韓国の先輩方の隅っこで、恐縮ながら私も同人として扉文字で参加しました。

 

 

韓国移住前から仲良くしてもらっている、雨乃日珈琲店の斜め向かいの「cafe suッkara」のオーナー、キム・スヒャンさんの伝統野菜料理の話も、90年代から韓国で活動しているミュージシャン、佐藤行衛さんの韓国ロックとの出会いも熱量高くて読み応えたっぷりです。(佐藤さんは会うたびにすごい勢いでロックやレコードについて語るので、陰で「勢いの人」と呼んでいる。)

オットは韓国で出版した『韓国タワー探求生活』の続編を執筆。

 

ネットでも購入可能ですが、取り扱い書店さんがどんどん増えているようなので、出先で見かけましたらどうぞ「おや?」と気にかけてくださいませ。おすすめは西荻窪の「旅の本屋 のまど」さん。今すぐどこかに出かけたくなってしまうような、心躍る旅本がずらりと並んでおりますよ。

 

韓国を語らい・味わい・楽しむ

『中くらいの友だち 韓くに手帖』 (皓星社)1000円+税  年三回発行予定

 


2017.04.12 Wednesday

『hinagata magazine vol.02』

 

現在配布中のフリーマガジン『hinagata magazine vol.2』に恐縮ながら私のソウル生活を取材いただきました。特筆すべきは…一昨年、雨乃日珈琲店の5周年記念のライブをしてくれた二階堂和美さんと同じ特集で登場させてもらったこと!大好きなニカさんと誌面で再会ができて感激です。

 

特集は「彼女のライフワーク」。

表紙は写真家・梅佳代さん撮影のニカさんのピカピカの笑顔。

私は写真家の熊谷直子さんが撮影をしてくださいました。雛形の編集のお二人と熊谷さんが、2月の極寒のソウルで二日間も取材をしてくれたのですが、お三方ともとても楽〜な方で、緊張することなく、友達と遊んでいるような感覚で取材を受けることができました。自宅で書いている姿を撮影されるのはちょっと…と思っていたものの、熊谷さんが持っている不思議な魅力に気持ちが変わり、部屋に入ってもらうことに。シャッターを切る音が響く中(フィルムカメラを使う写真家さん!)、自分でもびっくりするぐらいリラックスして書くことができ、なんと作品が完成したのでした。編集の方はそれを´直子マジック´と言っていた…。

 

その時生まれた作品は、思い出深い大切な作品となり先月の京都個展で展示をしたのですが、熊谷さんは京都にも足を運んでくれて(感激で泣く私…)、ソウル撮影後の私と、作品の撮影もしてくれました。

 

 

——————————————
『hinagata magazine 』vol.02
発行:2017年3月20日
配布場所:首都圏を中心に全国のショップ、書店、ゲストハウス、カフェ、
コミュニティースペースなど約200カ所で配布。
(代官⼭蔦⾕書店、無印良品有楽町、本屋「B&B」、D&Department(全国11箇所)、

まるごとにっぽん(浅草)、BUKATSUDO(横浜)、ONLY FREE PAPER(渋谷)、

ゲストハウス「Nui」、EDITORY、小日子cafe(台湾)、雨乃日珈琲店(韓国)他)

特集:「彼女のライフワーク」
インタビュー:
二階堂和美(歌手・僧侶/広島県)
F/style(プロダクトデザイナー/新潟)、
ローラ・リウ(雑誌『小日子』編集長/台湾)、
池多亜沙子(書家/韓国)
コラム:
料理研究家・yoyo.「つなぐごはん」、
フードデザイナー・中山晴奈「台湾出産体験記」、
写真家・大森克己「#すべての女は誰かの娘である」、
山伏・坂本大三郎「内なる女性」

——————————————

 

hinagata magazineはウェブマガジン『雛形』のタブロイド版。

地域に移り住んだ若い世代の人々の暮らしや、働き方を追ったインタビューを中心としたサイト、本家『雛形』も読み応えたっぷりなので、そちらもぜひぜひ。

https://www.hinagata-mag.com/
 
 


2017.03.19 Sunday

ありがとうございました。


 

個展「三月」が無事に終了いたしました。

わざわざ足を運んでくださった皆様、遠くから(また近くから)応援をしてくださった皆様に心から感謝を申し上げます。

 

Kit会場では、ハタノワタルさんの紙作品の展示、そして、ハタノさんの紙を使って書いた作品の展示も行いました。

今回の展示に際し、ハタノさんが寄せてくださった文は何度読んでも身が引き締まる思いです。https://instagram.com/p/BQ-nCSkhR1p/

また同じくKit会場で、花屋のみたてさんがテーマである「三」にちなんで、ミツマタの花と三角草を会場に飾ってくださったのですが、会期終盤に三角草に紫の可愛い花がふっと咲き、会場の雰囲気を静かに変えてくれました。


 

茶房好日居の会場では、店主の晴美さんが私の作品「不二」からイメージして、抹茶と高麗人参を合わせて特別なお茶を用意してくださいました。

 

多くの方の助けをいただきながら終えた書展。今回の制作は雨乃日珈琲店の繁忙期と重なりまったく進まず、展示はもう無理かもしれない…と、諦めそうになってしまったこともあり感慨はひとしお。ちょっと脱力気味ではありますが、苦手な達成感を振り切るため、筆を走らせる日々に戻ります。

 


2017.02.02 Thursday

個展のご案内

 

書展「三」

201733日(金)― 313日(月)

 

会場Kit
京都市上京区信富町299
075-744-6936
http://kit-s.info
11:30 - 19:00
会期中無休
*「三」にまつわる書を中心に展示。ハタノワタルの和紙、敷板、座卓などを販売。

 

会場茶房 好日居
京都市左京区岡崎円勝寺91
075-761-5511
http://kojitsu-kyo.cocolog-nifty.com
13:00 - 18:00
会期中無休
*「茶事」にまつわる書を中心に展示。韓国茶菓の喫茶、販売。

 

 

今回は会場のひとつであるKitさんが主催です。お声掛けをいただき大変恐縮、大緊張しておりますが、再び京都で展示ができることが嬉しくてたまりません。あと一ヶ月ですがもう少し筆を走らせます。

 

春の京都でお待ちしております。

 


2017.01.17 Tuesday

丁酉

あっという間に新しい年になりました。

前回のブログ、久々に書いたにも関わらずドリアンネタで、自分でもいやになります…

 

書初めは顔真卿、作品初めは漢詩を隷書で、初篆刻は「佗」の字でした。

お店のほうは引き続き忙しく、ケーキの製造に追われる毎日。一体何があったんだろう…と不思議だったのですが、わかりました。韓国は空前の「抹茶」ブームで、どうやら雨乃日珈琲店の看板メニューの一つである抹茶ケーキを目当てにお客さんが増えているも模様…ありがたいことです。

 

ケーキ製造と並行して、地味に作品制作をしておりますが、3月に京都で個展をします。

ああ、緊張…

またこちらでお知らせいたします。

 


2016.08.17 Wednesday

書皿

 

一時帰国時中に岩晴彦氏の工房に通い、お皿作り。岩崎氏との合作は、2010年の二人展以来で、その時は岩氏がろくろを挽いたお皿に私が文字を書き入れるという作業でしたが、今回は氏が「ろくろもお願いします。」とのことで、なぜか生地から制作することに…。えー、とか言いながらも、久しぶりの機会に気分が上がりました。学生時代を陶芸にささげていた私は、記憶を辿りながら粘土と戯れること数日、数十枚の作品が出来上がりました。釘彫りに釉薬、素焼きに破水材で文字を書き鉄釉掛け、鉄釉で書、などなど。自分用の水滴も作りたかったけれど、ここまでで随分時間がかかったので次の帰国時に。。

 

たくさん出来た書皿は、金沢市東山の茶房一笑で9月から始まる岩氏の個展会場でご覧いただけます。私も楽しみ。

 

岩晴彦うつわ展
9/2〜29
10:00〜18:00
月曜定休
書皿 池多亜沙子氏 協力
お点前セット 岡本恭子氏 協力
茶房一笑
金沢市東山
tel 076ー251ー0108

 

 


2016.08.15 Monday

8月15日

 

ガタガタガタ…

ブログの滞りぶりに、我ながら震えてしまいました… 

前回は「あけましておめでとうございます。」って書いてありますね… ブルブル…

 

画像は甲骨文字篆刻。仲夏なので、5月に彫ったものです。

ソウルの漢南洞(ハンナムドン)にある中国茶専門店「山水和」から包装紙用としてご依頼をいただいたもの。画像の白文(凹)のの他に朱文(凸)も彫りましたが、そちらは小篆体で制作。

 

 

ブログはご無沙汰ですが、、生きています!

ありがたいことに書もお店も忙しいのですが、この4月、ついに二人共の身体が言うことをきかなくなり、危険を感じ、雨乃日珈琲店は毎週火曜日の定休日+第1・3水曜日も休むことにしました。主に制作と休息に集中、家事もちょっと手を抜きます。

 

いつ頃からか、ソウルのあちらこちらに出向いたり、写真を撮ったりすることが減ったのですが、それは今いる場所が「特別な場所」から「いつもの場所」に変わったからなんだろうけど、土地に馴染んだ嬉しさに加え、やっとはじまりの地点に立ったのかなと心新たにしたり。これからですね。

 

思い立ってブログを書いた今日は8月15日。日本では終戦記念日とされ、韓国では日本の植民地から解放された独立を祝う日。

悲しみのない世界、平和を祈ります。

 


2015.10.30 Friday



この夏雨乃日珈琲店で、今年4・5月に起きた、ネパール大地震のためのチャリティー葉書販売を行いました。収益金は、ネパールの陶工の村・ティミと関係の深い陶芸作家キム・ヘジョンさん(HK ceramics)を通してティミに送られました。ご協力をいただき誠にありがとうございました。
 

2015.03.17 Tuesday

三月




















茶房好日居での個展の最終日前夜、好日居の晴美さんと奈津子さんが開いてくださったお茶会に、今回の展示の共催であるKitの椹木さんと共に参加。晴美さんは岩茶を、奈津子さんはプーアル茶を、お二人ともこの時のためにとっておきの茶葉を用意してくださいました。書道具も登場、晴美さんの提案で、一人ひとり、今想う言葉を竹筆で奉書紙に書くことに。

言葉を考え、紙に向かい、呼吸を整え、一気に筆を走らす。
お茶をいただきながら、順番に筆を持ち、皆のその時間を楽しむ。緊張したり、笑ったり、感動したり。

この夜、初めて「茶に酔う」という体験をした。
どれだけ淹れても美味しいお茶、飲めば飲むほど飲みたくなるお茶。
ごく、ごく、ごく、、、ごく、ごく、ごく…
気づいたらあっという間に数時間が経っていた。

ここはもしや、壺の中の別天地?




 

2015.02.11 Wednesday

個展のご案内



書展 「三月」

  会期 3月6日(金)−16日(月) 
  時間 13時−18時
  場所 茶房 好日居 http://kojitsu-kyo.cocolog-nifty.com/
     京都市左京区岡崎円勝寺町91 
  共催   kit http://kit-s.info/ 


韓国生活を始めてから様々なきっかけが重なり、京都で個展を開催することとなりました。
平安神宮近くに佇む「茶房 好日居」さんは、大正時代に建てられた趣ある京町家。丁寧に作りあげられた心地よい空間です。
展示期間中は、共催のkitさんセレクトの美味しい韓菓子をご用意しております。

春の京都でお待ちしております。


3月6.7.8.15.16日在廊
 


日記

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

search this site.

others